30代の私が禁煙に成功できた理由

喫煙による病気のリスクについて

喫煙による様々な病気のリスクについて記事にしています。

喫煙による病気のリスクについて記事一覧

喫煙によってどのぐらいがんの確率が高くなるの?喫煙によるリスクの高い病気の一つに肺がんがあります。肺がんで亡くなる人の内、男性の70%、女性の20%が喫煙によるものと考えられています。また、喫煙者本人の周りにいる方も、副流煙を吸う環境であればリスクが高まります。私自身ベランダで吸っていたのですが、昼間だと子供が遊ぼうと窓を開けて入ってこようとします。そのタイミングでどうしても煙を吸っているはずです...

喫煙によってどのぐらい心筋梗塞の確率が高くなるの?心筋梗塞とは、動脈硬化が進み血栓が冠動脈の内側を塞いで、心筋へ血液が行かなくなった状態の事です。よく言われる心筋梗塞とは発症から3日以内の「急性心筋梗塞」を指しています。発症すると致死率は20%と非常に高いようです。5人に1人は発症すると亡くなっている計算です。喫煙している方は非喫煙者と比べて、2倍〜3倍程度心筋梗塞へのリスクが高まります。心筋梗塞...

喫煙によってどのぐらい脳卒中の確率が高くなるの?脳卒中は大きく2つに分けられます。1つは脳の血管が詰まる病気で、脳梗塞のことです。2つ目は脳の血管が破裂する病気で、脳出血/くも膜下出血のことです。毎年25万人以上が新たに発症しているようです。喫煙との関係性ですが、非喫煙者に比べて2倍程度リスクは高まりますね。脳卒中になった時を想像してみる脳卒中は身体の麻痺や言語障害などの後遺症が残ります。脳に損傷...

喫煙によってどのぐらい病気の確率が高くなるの?喫煙によって3大疾病以外にも様々な病気リスクが高まります。歯に関する病気だと、歯周病やむし歯等があります。呼吸器系であれば、気管支喘息や肺炎のリスクも上昇します。また女性であれば、子宮外妊娠や早産など生殖系の病気リスクが喫煙により上昇します。喫煙関連三大疾患とは!?喫煙によりなりやすくなる病気が3つあるといわれています。がん様々な種類のがんがありますが...

スポンサーリンク
page top