30代の私が禁煙に成功できた理由

非喫煙者割引を利用する際に注意しておきたいこと

スポンサーリンク

非喫煙者割引を利用する際に注意しておきたいこと

過去1年以内に喫煙していないこと

 

保険に加入する段階で自分で告知することになりますが、過去1年以内に喫煙があったのであればその旨伝えておきましょう。
ウソをついて保険に加入できたとしても、後になって過去1年以内の喫煙がばれた場合、告知義務違反として保険契約が無効になる可能性があります。

 

保険適用をあてにして手術費用や入院代を考えていても、保険契約が無効になると全て自己負担となってしまいますのできついですよね。
ですので、禁煙して1年たってから非喫煙者割引を利用するようにしましょう。

 

受動喫煙だけで検査にひっかかる事も

 

非喫煙者割引を利用する際には、事前に検査が行われます。
コチニン検査と呼ばれるもので、唾液による喫煙の有無を調べます。
詳しくはタバコに含まれる「ニコチン」が体内で代謝されて排泄される「コチニン」という代謝産物の量を測定します。

 

注意しておきたいのが、受動喫煙でもコチニンが排泄される点です。
車内で同乗者がタバコを吸っていた場合、パチンコ店で数時間過ごした場合などが危険です。

 

受動喫煙の場合、コチニンは3日もすると完全に抜けきるようですので、検査を受ける1週間前から受動喫煙に気をつけておけば問題ないでしょう。

 

生保レディや保険を売っている方で、受動喫煙に対して軽々に考えている方もいるようですが、陽性反応が出るケースは過去の情報を見れば明らかです。
無駄な時間を使わないためにも、しっかり準備して検査に臨みましょう。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ