30代の私が禁煙に成功できた理由

喫煙による脳卒中のリスク

スポンサーリンク

喫煙による脳卒中のリスク

喫煙によってどのぐらい脳卒中の確率が高くなるの?

 

脳卒中は大きく2つに分けられます。
1つは脳の血管が詰まる病気で、脳梗塞のことです。
2つ目は脳の血管が破裂する病気で、脳出血/くも膜下出血のことです。

 

毎年25万人以上が新たに発症しているようです。

 

喫煙との関係性ですが、非喫煙者に比べて2倍程度リスクは高まりますね。

 

脳卒中になった時を想像してみる

 

脳卒中は身体の麻痺や言語障害などの後遺症が残ります。
脳に損傷を受ける事で、それまで担っていた脳の働きに障害が残ってしまいます。
脳梗塞が起こった場所やどの動脈で起こったかによって、現れる症状は全く違ってきます。

 

罹患する人は高齢者に多いと言われますが、最近では若年層も増えているようです。
若年層の増えた理由として、食生活の偏りや生活環境の変化があげられます。
食生活の偏りや生活環境の変化によっておこる高血圧、糖尿病などの生活習慣病が動脈硬化を引き起こし、血管を詰まらせたり、破れやすくしてしまいます。

 

喫煙によっても血圧が高くなることによって、動脈硬化を引き起こし、脳梗塞/脳出血の原因になります。

 

脳卒中の予防には、バランスのとれた食事と規則正しい生活、加えて禁煙が有効です。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ