30代の私が禁煙に成功できた理由

禁煙治療の流れ

スポンサーリンク

禁煙治療の流れ

禁煙外来とは

 

wikipediaを引用します。
https://ja.wikipedia.org/wiki/禁煙外来

 

禁煙外来(きんえんがいらい)は、たばこをやめたい人向けに作られた日本における専門外来の科目である。 ヘビースモーカーを対象にした一定の基準による条件付きではあるものの、条件を満たす喫煙者には健康保険の保険適用がされている。

 

最近はテレビCMでもやっているので知っている方も多いと思います。
爆笑問題のお二人が出ているCMと、小西真奈美さんが出ているCMの2つのCMの印象が強いですね。
お医者さんと一緒に禁煙を行っていく、新しい仕組みです。
2006年4月1日から保険適用可能となりました。

 

ただ2010年10月1日からのタバコの値上げをうけて、利用者が急増し一時禁煙補助薬の供給が不足したこともありました。
この時はほぼ全てのタバコが100円以上の値上げで、私も禁煙をほんの一瞬考えました。
結局は吸い続けたのですが、大幅な価格上昇があると今後も禁煙外来を利用する人は増えそうです。

 

禁煙治療開始までの流れ

 

主には以下の流れになります。

 

●前回の治療の初回診療日から1年経過していること。

 

 過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。

 

●健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。

 

 ニコチン依存症を診断するテストで5点以上。
 1日の平均喫煙本数 × これまでの喫煙年数 = 200以上
 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
 禁煙治療を受けることに文書で同意している

 

●健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関を受診すること。

 

引用元:すぐ禁煙.jp
http://sugu-kinen.jp/treatment/insurance/cure.html

 

私も調べてみて初めて知りましたが、保険適用で禁煙治療を受けていた場合、治療から1年以内は自腹になります。
何度も何度も短期間で失敗しても繰り返し保険適用されては、国の医療費がもたないですもんね。
また禁煙治療が受けられる医療機関も、どこでもいいわけではないので注意が必要です。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ