30代の私が禁煙に成功できた理由

頭痛に悩まされる回数が激減(メリット1)

スポンサーリンク

頭痛に悩まされる回数が激減(メリット1)

禁煙前と禁煙後で頭痛の回数を比較してみる

私の頭痛歴について軽く記載しておくと、立ち仕事をやっていた頃は月1,2回程度の頻度で頭痛がやってきていました。
今の現職であるデスクワークになってからは少しずつ回数が多くなってきています。

 

そして禁煙を実施する直前を思い返すと平均週3日は頭痛の日々でした。
肩こりや目の疲労からくる頭痛もあって、多い時は1週間毎日という時もありました。

 

禁煙を開始してからは、意識して目への負担を軽減する取り組みや、朝ストレッチをして肩こりも予防する事も行ったおかげで平均して週1日程度に治まりました。

 

頭痛が減ったことによるメリットは?

仕事のパフォーマンスでみると劇的に良くなりました。
激しい頭痛に襲われると当たり前ですが、仕事の能率が著しく低下します。
痛みで集中できなくなるんですよね。

 

また、薬代も抑えることができます。
毎日薬を飲んでいると、結構な金額が必要になりますので助かりますね。
薬を買いに行く手間も減らせます。

 

そして何より体への負担が少なくなることで、一日の疲れも幾分かマシになります。
疲労感が少なくなって、翌日へ引きづられることが減るのでこの点も大きいです。

 

あとは、いつ頭痛に襲われるのかわからない恐怖から少し解放されることですね。
仕事へのモチベーションにも関わってきますので、この部分も重要です。

スポンサーリンク

ホーム RSS購読 サイトマップ